薬剤師のパートの求人を比較した方法

自分の条件をはっきりさせれば求人サイトも見やすくなる

主婦としての仕事をしながら働くので残業はなし、家からの距離は通勤時間で30分以内、仕事の内容は主に調剤といったことを最低ラインにしました。
そして、あらためてそれぞれの項目について希望する条件を書き出し、それを優先順位で並べるというのが効率的な方法でした。
時給は1500円以上、2000円以上という二つの基準を作って1500円以上は優先順位を高く、2000円以上は低くという形で、項目によっては境界線を分けて複数の候補を組み込みました。
こうして優先順位付けをしてみると、何百もあった候補をみるみるうちに絞り込むことができ、概ね優先順位の高い職場を8つに限られてしまったのです。
この段になるともう全部応募して採用されたら働こうという気持ちになりました。
求人を探し始めてからここまででわずか3日でしたので、いかに効率的に職場候補を選べたかがわかるでしょう。
特に薬剤師のパートは募集しているところが多いことから、こういった方法で絞り込みをするのが最適だったと感じています。
ストレスを一切感じることなく働き始めることができました。

たくさんの求人から自分に一番合った薬剤師求人を探すために : 自分の条件をはっきりさせれば求人サイトも見やすくなる : 再就職探しの大成功で薬剤師として充実の毎日